完治する可能性が高いがん

女性

がんは、日本人の2人に1人は将来的に何らかのがんができる可能性があると言われるほどの病気です。その中でも、大腸がんは他のがんよりも進行が緩やかで完治させる可能性が高いがんの1つです。

詳細を確認する...

大腸がんの進行度

病院

大腸がんに限らずがんには、進行度を表すstageという言葉が存在しています。大腸がんの初期症状は、ほとんど自覚症状がなく分かりにくいものとなっているため少しの変化も見逃さないことが大切です。

詳細を確認する...

大腸がんの特徴

病院

がんという言葉は、誰もが聞いたことあるのではないでしょうか。今この病気は、日本人の2人に1人の割合でなんらかのがんになる可能性があるといわれる病気なのです。がんという病気がとても怖いのは、がんという悪性腫瘍が出来た臓器やその周囲を摘出と洗浄を行っても、再びその場所に悪性腫瘍が出来てしまう再発や血液やリンパにがん細胞が乗って流れていき様々な場所にがんの悪性腫瘍が出来てしまう転移があります。そもそも、がん細胞とは遺伝子の命令系統が加齢により傷ついてしまったことにより突然変異してしまった細胞のことを言います。しかし、基本的に健康な人でもがん細胞は身体で毎日数千単位でつくられています。それが、巨大化し悪性化しないようにと身体の防衛機能が基本的には働いているのですが、それをオーバーしてしまうと1つのがん細胞が大きく成長してしまうのです。悪性腫瘍へと変化した細胞は、健康で正常な細胞の栄養を飲み込みつつ細胞を破壊、それをどんどん周りの細胞を巻き込みながら悪性腫瘍は巨大化していきます。

がん細胞は、身体の細胞が突然変異を起こして発生するため、至る箇所に発生することがあります。胃がん、大腸がん、肺がん、脳腫瘍など様々な場所に発生してしまいます。がんが、発生した臓器などの場所によって症状が全く違います。脳にがんの腫瘍ができてしまった場合は、脳が圧迫されることが原因で記憶障害を起こしてしまったり、肺がんであれば咳などがひどくなってしまったりとそれぞれの特徴ができます。どの症状も、風邪や日常的で些細なことである症状ににているので注意をする必要がるのです。がんは、初期の段階では一般的な症状や物忘れなどに誤解されがちなため長く症状が続く場合は注意が必要になってきます。

大腸がんの治療

女性

大腸がんの治療には、ステージによって分かれてきます。全身に転移が見られる場合は治療も限られ痛みなどのケアになる場合があります。他のステージであれば早ければ早いほど完治する可能性も高くなります。

詳細を確認する...